Afición, ciega razón

愛着、理由なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクレツィアドレスのコーデを考えてみた

はい、本日のコーデはルクレツィア特注ドレスです。
一応ステも紹介させていただきます。

071913 000006


レシピ「著名人衣装縫製法・獅子編」から作れます(要:縫製R20)
作成するのには若干敷居の高い服ですが、今でしたらバザー売りで50mぐらいで売られておりますので売りがあるうちに買っておくとよいかもしれません。
また、ブーストも香料+3と優秀ですので香料取引を活用されてる方は手に入れてるのではないでしょうか。

今回はドレスということで、足装備はでてきませんが、このドレスに是非合わせて欲しい頭装備品を主に紹介していきたいとおもいます。

071813 235739


そんなわけでまずは白の広縁フェルト帽。
こちらと合わせる方も多いと思います。マツリの中の人としてもこの帽子は可愛いので気に入ってるのですがこの組み合わせをあまり持ちださないようにしてます。
この帽子、本当に、本当に万能で優秀なんですけど、この帽子を組み合わせたらそこで他との組み合わせの楽しみを探そうという気持ちがなくなるのがちょっと寂しいので・・・なので、この帽子・・・・出てくることが少ないのですが・・・ご了承頂ければとおもいます。
もちろんここぞってときには出すんですけどね!


rukure1.jpg


私の中ではお気に入り帽子の一つですがきのこ帽子と言われてなかなか日の目をみれない遺跡調査団の帽子。服とセットで着られがちですが、意外とドレス系と相性がよいのです。真珠を飾った帽子ですので、ネックレスの真珠と合わせて気品良く見せれるようにしてます。


rukure2.jpg

ドレス系装備で良く合わせているのがこちらの店売り品。ジェノヴァまで船を走らせればすぐに買える気軽さと首周りがすっきりするのが気に入ってます。
このドレスと合わせると背中が綺麗に見えるので一度はお試しを。

rukure3.jpg

左から、生誕祭用ミトラ、歩揺(店売り)、フレンチフード(紫)。
一見ドレスと合わないようですが、合わせてみるとこんなかんじ。
ミトラだと聖職者風、歩揺はさわやかなお嬢様風、フレンチフードはクラシカルな貴婦人風に。髪の毛の色が明るいとまた印象も違ってくると思いますが、これらを並べてみるとそれぞれ雰囲気が違って面白いですよね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0maturi2ndage.blog.fc2.com/tb.php/257-a4787f45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。