Afición, ciega razón

愛着、理由なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くにきらめく星が君なら




092712 222348


僕は夜空を渡る風になる・・・





と、ぷららさんのキザセリフに応えてみましたw
今回は例のレリックピースのネタバレなので、続きが気になる方のみ続きをよむを読んでね。


というわけで、トレジャーハントの財宝伝説から「伝説の黄金郷」が出たのでさっそくやってきました。

092712 212448


092712 212445

ヒントはほぼ出ているので迷わずリマ北を目指します。
途中、フレを数人連れて一緒に向かいました。

が、艦隊で一緒に入ることができず><


これは正直ツライ;;;せっかく一緒にいったのにー;;
フレの叫びもむなしく、イベントが開始。

092712 223415


092712 223424

問答無用で追尾は解除され、マツリ一人放り出されます。
気がつけば、暗い洞窟の中にいたのでとりあえず光が漏れてる場所へ進むと・・・

092712 223531

祭壇・・・?


092712 223557

そして水・・・湖・・・?

ひとまず歩を進め、階段を下りていきます。
降りた先は水に浸かっていたので、ドレスから簡易のセーラーズシャツに。
と、やがて上のほうから光が差し込んできて、少しずつ床が光始めます。

092712 223753

光ってるのではなく、反射して輝いてることに気づくのにそう時間はかかりませんでした。
この床は、光る床ではなくて・・・・金の床板だったのです。


つづく。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://0maturi2ndage.blog.fc2.com/tb.php/195-eb533b5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。